お知らせ
  • HOME »
  • お知らせ »
  • 保有設備のご紹介

保有設備のご紹介

協働ロボット遠隔操作システムを導入しました【アスラテック株式会社】

 本設備はロボットおよびロボットを遠隔操作する制御装置を組み合わせたシステムであり、ロボット遠隔操作技術の実証試験を行うための設備です。 遠隔でどのような複雑な作業が可能かを確かめる実験や遅延などを含む操作性の評価などを …

電源周波数磁界イミュニティ試験装置を導入しました【株式会社テクノサイエンスジャパン】

 本設備は、商用電源線や変圧器から発生する磁界を受けた製品が誤作動を起こさないかを検証する装置です。 医療機器やマルチメディア機器に求められるIEC61000-4-8規格の試験を行うことが可能です。 誘導コイルのループ径 …

3D形状計測システムを導入しました【東京貿易テクノシステム VMC7000Mほか】

 本設備は、製品形状のデジタル化およびそのデータを用いた形状検査・リバースエンジニアリングを行うために使用します。 設備構成は以下のとおりです。  ①多関節測定装置(東京貿易テクノシステム VMC7000M)  ②フルカ …

X線残留応力測定装置を導入しました【パルステック工業株式会社 μ-X360s】

 本設備は機械加工・接合・成形などによって生じる残留応力を非接触・非破壊で測定することが可能な装置です。  cos α法を採用しており、2次元検出器を用いてデバイ環(回折環)を取得することが可能で、そこから残留応力、半価 …

ベント式射出成形機を導入しました【㈱日本油機,日精樹脂工業㈱】

本設備は以下の特徴があります。 電動式射出成形機とベント式可塑化ユニットで構成されています。ベント式可塑化ユニットは、加熱シリンダ中央部にベント孔があり、材料溶融中に発生する水分、ガス、残留モノマーを脱気できます。 材料 …

エアブラストマシンを導入しました【㈱不二製作所 SGF-3(A)】

 本装置は、金属の表面に種々の研磨剤を吹き付け、錆、スケール、鋳物砂の除去やショットピーニング加工が可能です。また、3D鋳型プリンタを活用した鋳造モデルや3D金属プリンタにて造形した金属モデルに生じたプリンタ特有の積層段 …

可視光対応光スペクトラムアナライザーが導入されました。【横河計測株式会社 AQ6374】

 本装置は、以下の特徴があります。 ・可視光から近赤外光を含む広い波長範囲(350 – 1750 nm)の光の分光特性を1台で測定・評価します。 ・光ファイバーを使って測定光を入射するので、光通信用のデバイスの評価以外に …

CHN元素分析装置が導入されました。【LECOジャパン合同会社 CHN628】

 本装置は、石油、石炭などの燃料、木材、もみ殻、稲わらなどのバイオマス燃料、ポリマーなどの樹脂製品、炭素繊維、土壌などの炭素、水素、窒素含有量を測定することが可能な分析装置です。  設備の詳細は以下のパンフレットをご覧く …

蛍光顕微鏡が導入されました。【株式会社キーエンス BZ-X800】

 本設備は、観察・撮影・解析の操作が簡単で、蛍光・明視野・位相差と1台で様々な観察方法に対応するオールインワン蛍光顕微鏡です。大型電動ステージ、ステージビュー機能、高速フォーカス、オート露光などの機能により、簡単操作で位 …

非接触ジェットディスペンサーが導入されました。【武蔵エンジニアリング株式会社 AeroJet】

 本設備は、当センター既設のPC制御画像認識塗布システムと共に使用し、高速・高精度で様々な液剤を塗布するために使用します。従来の接触式ディスペンサーに必須とされていたノズルの上下動作が不要となるため、安定した塗布が可能と …

有限要素法解析システムについて【ムラタソフトウェア株式会社Femtet】

  この解析システムには、8つの解析分野(電場、磁場、電磁波、熱伝導、応力、流体、圧電、音波) の解析と、一部それらの解析同士を組合わせた連成解析が可能な、純国産の有限要素法解析システムです。当センターでは様々な解析シス …

超微小硬度計によるヤング率測定について

 本装置は短冊状の基板またはウェハについて3点曲げ法によるヤング率の測定を行います。圧子の押し込みはステッピングモーター、荷重測定は電子天秤、変位はフォトニックセンサーで行い、基板への押し込み荷重と基板たわみの関係からヤ …

ロボットシミュレーションシステムが導入されました

 本設備は、市販されている様々なロボットの詳細な動作のシミュレーションを行えるだけでなく、搬送系や人の動きなども含め生産ラインをコンピューター上で模擬することができるシステム(ソフトウェア)です。ロボットの導入検討時に動 …

ハイエンド3Dプリンターシステムが導入されました【STRATASYS J750】

 6種類の樹脂材料を一度に噴射するマルチマテリアル・フルカラー3Dプリンタです。CMYKW(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、ピュアホワイト)の樹脂を組み合わせて36万色以上の鮮やかなカラーを再現します。カラー樹脂と …

EMC試験設備のご案内

 当センターが保有するEMC試験設備の情報が、EMC対策・ノイズ対策の総合情報サイトCENDに掲載されました。 https://cend.jp/search_testsite/index.php  上記URLにアクセスし …

冷熱衝撃装置が新しくなりました

 熱膨張係数の異なる材料が接合されている部分に温度変化を与えると、膨張・収縮の際、膨張率の違いから応力がかかり、クラック(ひび)や破壊が生じることがあります。冷熱衝撃装置では、この温度変化を供試品に繰り返し与えることがで …

双腕型協働ロボットが導入されました

 本装置は人と一緒に働くヒト型ロボットというコンセプトで開発されたものであり、あらゆる現場でこれまで自動化されてこなかった手作業の代替となることを目的としています。頭部および手首のカメラと画像認識システムにより周囲の環境 …

分光エリプソメーター用反射率測定モジュールが導入されました

 分光エリプソメーター(Spectroscopic Ellipsometer)は光反射による偏光状態の変化を測定し、フィッティング解析することにより光学定数や膜厚、薄膜構造などを解析する装置です。このたび反射率測定モジュ …

中型電気炉のご案内

 本装置は、温度と時間を正確に制御しながら高温域まで加熱する装置で、無機物の焼成や金属の溶融等が可能です。二珪化モリブデンヒーターとアルミナボード断熱材の使用により、1500℃までの任意の温度で使用できます。 詳しくはパ …

超高分解能電界放出形走査電子顕微鏡が導入されました

 電子ビームを試料に照射し放出される二次電子等を検出器でとらえ、ディスプレイ上に拡大像を表示する顕微鏡です。同時に発生する特性X線を検出することで定性分析、定量分析などもできます。さらに、試料に照射された電子が拡散し結晶 …

1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © 秋田県産業技術センター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.