名称等静電力発生用高圧電源システム 設備分類メカトロニクス技術
製造元松定プレシジョン 仕様・品質等HAR-30P73.3
用途等

静電噴霧に関して基礎検討を行っており、そのための電力供給として使用します。静電霧化技術は液剤に高電圧を印加することで、液粒同士が反発し合う斥力を発生させることで、微小な液滴を生成する技術です。
このほか、インバータやパワーデバイスの検査、評価や各種高圧試験用途として利用可能。

詳細仕様

出力電圧:30kV
出力電流:73.3mA
出力電力:2200kW
電圧変動率:
 対入力:±50ppm(±10%の出力変動に対して)
 対負荷:50ppm+400mV
     (いずれも負荷10~100%に対して)
電流変動率:
 対入力:50ppm
 対負荷:50ppm±100mA (負荷10~100%に対して)
リップル:0.3%p-p+1Vrms
安定度:100ppm/h
温度係数:100ppm/℃

使用料100(円/時間) 導入年度平成27年度
設置場所高度技術研究館 2F:試験室(メカトロC)453 主担当者名荒川 亮   
担当部署電子光応用開発部 ナノメカニカル制御Gr 副担当者名