名称等粘弾性測定装置 設備分類評価技術(製品性能など)
製造元Anton Paar社 仕様・品質等MCR302
用途等

プラスチック等高分子材料の損失弾性率、複素弾性率、複素粘弾性等を求めた粘弾性を評価する装置です。
<活用事例>
プラスチック材料の粘弾性を測定し、プラスチック射出成形におけるプラスチックの流動特性を評価することができます。

詳細仕様

測定トルク:3(nNm)~200(mNm)
分解能:0.1(nNm)
測定周波数:1.00E-6~100(Hz)
回転数:1.00E-7~1500(rpm)
測定温度:-130~600℃

使用料1,120(円/時間) 導入年度平成26年度
設置場所本館 A棟2F:高分子材料研究室 主担当者名工藤 素   
担当部署素形材プロセス開発部 複合材料Gr 副担当者名野辺 理恵