名称等セラミックス自動精密切断機 設備分類加工技術(機械除去など)
製造元丸本ストラウス(株) 仕様・品質等アキュトム50
用途等

セラミックス自動精密切断機はセラミックス等の高硬度材料を精密に切断する実験室規模の小型装置である。

詳細仕様

切断速度:300から5000rpm(100rpm単位で可変)
送り速度:0.005から3.000mm/s(0.005mm/s単位で可変)
最大位置決め速度:Y=13mm/s、X=13mm/s
限界加圧力:低約20N、中約40N、高約60N
位置決め範囲:Y方向105mm(精度0.1mm)、X方向60mm(精度0.005mm)
切断試料の最大長さ:30mm、20mm径で140mm
固定試料の最大長さ:225mm
試料の最大断面:127mm径切断ホイールと42mm径フランジ:40mm径(回転なし)、80mm径(フランジあり)
152mm径切断ホイールと42mm径フランジ:50mm径(回転なし)、100mm径(回転あり)

使用料400(円/時間) 導入年度平成11年度
設置場所本館 B棟1F:材料物性試験室 主担当者名関根 崇   
担当部署先端機能素子開発部 機能性材料Gr 副担当者名