名称等炭素・硫黄分析装置 設備分類評価技術(化学組成など)
製造元LECO社 仕様・品質等CS-200型
用途等

試料を高周波炉内で加熱燃焼させ,試料中の炭素と硫黄をそれぞれCO2,SO2とに変換し,ソリッドステート型検出器により迅速に定量を行う。

詳細仕様

分析対象物 鉄鋼・非鉄金属・合金鋼・その他
  分析範囲 (試料1gの場合)
        炭素:40ppm-3.5%
        硫黄:40ppm-0.4%
  分析精度 (precision)
        炭素:2ppmまたは0.5%RSD
        硫黄:2ppmまたは1.5%RSD
            いずれか大きい方
  分析時間 (通常)45秒
  検知方式 ソリッドステート型赤外線吸収法

使用料890(円/時間) 導入年度平成13年度
設置場所本館 A棟2F:無機化学研究室 主担当者名工藤 素   
担当部署素形材プロセス開発部 複合材料Gr 副担当者名