名称等X線回折装置 設備分類評価技術(化学組成など)
製造元リガク 仕様・品質等RINT-2500
用途等

 本装置は、固体物質(セラミックス、金属、鉱物、等)に波長が一定の単色エックス線を入射角度を変えながら連続的に照射し、得られる回折ピークから固体物質の結晶構造を解析(定性および定量)する装置です。

詳細仕様

1.エックス線発生部
   最大定格出力:18kW
   定格電圧  :20から60kV
   定格電流  :10から300mA
   制御方式  :インバータ制御
   安定度   :入力電源変動±10%以内に対し±0.01%以内
   ターゲット :Cuロータターゲット
   焦点サイズ :0.5×10mm2
   防エックス線カバー:フェイルセーフ機構付、外側では2.5μSV/hr以下
2.ゴニオメータ部
   スキャンモード :2θ/θ連動、θ、2θ単独
   ゴニオメータ半径:185mm
   2θ測角範囲  :3から145°
   設定再現性   :1/1000°
   スリット    :DS 1/2°,1°,2°,0.05mm              
            RS 0.15,0.3,0.6mm      
            SS 1/2°,1°,2° 
   定速自動送り  :
       2θ/θ  0.002から100°/min
       2θ   0.001から100°/min
        θ    0.001から100°/min
   モノクロメーター:平板状
3.検出部
   計数直線性:500,000CPS以上
   シンチレーションカウンタ:シンチレータNaI
4.コンピュータ部
   コンピュータ:ワークステーションHp
   メモリ:64MB
5.解析処理
   定性分析、定量分析
      

使用料720(円/時間) 導入年度平成9年度
設置場所本館 A棟2F:無機化学研究室 主担当者名菅原 靖   
担当部署技術イノベーション部 技術コーディネート班 副担当者名