名称等EMS用発信器 設備分類評価技術(製品性能など)
製造元ローデ・シュワルツ社 仕様・品質等SMB100B
用途等 本設備は、電子機器が電気的ストレス(電界、磁界、電圧、電流)に曝された際に耐えうる能力がどれくらいあるかを調べるEMS(イミュニティ)試験の印加信号源に使用する。EMS試験とは、電子機器への電磁波照射や電源線・通信線へのノイズ印加をした場合に、電子機器が正常に動作することを確認する試験である。
詳細仕様・出力周波数範囲:8kHz~6GHz
・出力電力範囲:-127dBm~+18dBm
・高調波歪み:-30dBc以下
・非高調波歪み:-64 dBc以下
・1GHz出力時のSSB位相雑音(20kHzオフセット):126dBc/Hz以下
・AM、 FM、 位相変調、パルス変調が可能
・正弦波信号源およびバルス生成器を内蔵し、それを使用した出力変調が可能
・内蔵パルス生成器により最小パルス幅20 ns以下のパルス変調が可能
・内蔵パルス生成器により15ns以下の立ち上り/立下り時間でパルス変調が可能
・内蔵パルス生成器により0.01 Hz~25MHzの繰返し周波数範囲でパルス変調が可能
・N型の信号出力コネクタを備えている
・GPIBインターフェースを備え、本装置を制御可能
使用料110(円/時間) 導入年度R1年度
設置場所高度技術研究館 1F:電波暗室408 主担当者名黒澤 孝裕   
担当部署先端機能素子開発部 機能性材料・デバイスGr 副担当者名