名称等ハイスピードマイクロスコープ 設備分類メカトロニクス技術
製造元キーエンス 仕様・品質等VW-9000
用途等

液剤霧化における飛翔中の粒径計測やおよび液滴の軌道など、微小な領域を高速で動作する現象を観察する装置。
<活用事例>
アクチュエータ関連の動作評価をはじめ、微細な現象を観察する用途として汎用性が高く幅広い分野で応用可能。

詳細仕様

・フレームレート:230,000fps
・最大記録画素数:1920×1440
・被写界深度:0.44~34mm
・3次元計測機能、追尾解析機能、画像グラフ計測機能、動画編集解析

使用料400(円/時間) 導入年度平成28年度
設置場所高度技術研究館 2F:試験室(メカトロC)453 主担当者名荒川 亮   
担当部署電子光応用開発部 ナノメカニカル制御Gr 副担当者名伊藤 亮