名称等高転写成形用急加熱冷却金型システム 設備分類加工技術(素形材成形)
製造元山下電気(株) 仕様・品質等超臨界発泡射出成形機用金型
用途等

製品表面の金型温度を急加熱。急冷却することで表面光沢性、ウェルド・ヒケ防止等表面品質を改善する金型です。
<活用事例>
超臨界発泡射出成形における製品表面品質を向上し、軽量化、高強度化に加え、外観性に優れた製品開発へ応用できます。

詳細仕様

急加熱急冷却成形
300℃以上に昇温可能
コアバック成形にて2.5倍発泡急加熱急冷却成形
300℃以上に昇温可能
コアバック成形にて2.5倍発泡

使用料1,110(円/時間) 導入年度平成26年度
設置場所本館 C棟1F:コンポジットセンター(B) 主担当者名野辺 理恵   
担当部署素形材プロセス開発部 複合材料Gr 副担当者名工藤 素