名称等複合材硬化成形用オートクレーブ 設備分類加工技術(素形材成形)
製造元株式会社 羽生田鉄工所 仕様・品質等φ850 x 1500L
用途等

CFRPプリプレグの加圧加熱硬化成形、あるいはVaRTM(真空樹脂含浸製造法)成形等を行い、複合材料の力学特性等の評価のための試験片作製、及び輸送機に関わる自動車部品、航空機部品を試作試験のために使用

詳細仕様

・缶内有効寸法:φ600mm×(L)1000mm以上
・開閉方式:手動・減速機付きハンドル
・加圧能力:最大圧力が0.95MPa(第2種圧力容器構造規格)
・圧力制御:設定圧力に対して±0.02MPa以内で制御
・昇圧速度:0.025MPa以上
・使用温度:最大温度220℃
・昇温速度は、0.1℃/minから5℃/minで0.1℃単位による昇温制御が可能
・缶内温度分布:±3.0以内

使用料1,470(円/時間) 導入年度平成21年度
設置場所本館 C棟1F:コンポジットセンター(A) 主担当者名藤嶋 基   
担当部署素形材プロセス開発部 複合材料Gr 副担当者名