名称等動的ひずみ解析装置 設備分類加工技術(鋳造熱処理など)
製造元(株)共和電業 仕様・品質等EDX-1500A-16AC
用途等

構造物等に発生する動ひずみ(ひずみの大きさが時間経過と共に変化したり、振動や衝撃が加わった場合の現象)をひずみゲージによって電気的にひずみ量を測定する原理により、応力値を算出する装置である。

詳細仕様

測定チャンネル数:ひずみ測定12チャンネル
         温度測定4チャンネル
サンプリング周波数:1,2,5,10,20,50,          100,200,500Hz
          1,2,5,10kHz
          他14種類
解析:四則演算、FFT解析、頻度解析
その他:PCカードによるデータの保存が可能

使用料110(円/時間) 導入年度平成10年度
設置場所本館 B棟1F:鋳造研究室 主担当者名内田 富士夫   
担当部署素形材プロセス開発部 先進プロセス・医工連携Gr 副担当者名