名称等ロックウェル硬さ試験機 設備分類評価技術(材料特性など)
製造元(株)アカシ 仕様・品質等ATK?F1000
用途等

 ダイヤモンド圧子または鋼球圧子を用い、試料面に初荷重および試験荷重を加え、その侵入深さの差から硬さを算出する装置で、初荷重自動ブレーキ機能を搭載しているため、ワンタッチで自動測定ができます。

詳細仕様

初荷重 :3,10kgf
試験荷重:
15,30,45,60,100,150kgf
荷重制御:自動方式(負荷、保持。除荷)
荷重保持時間:0?30sec任意設定可
試料最大寸法:高さ235×奥行145mm
演算装置:内蔵(硬さ値算出機能、換算機能等)
装置寸法:幅220×奥行615×高さ820mm

使用料190(円/時間) 導入年度平成7年度
設置場所本館 B棟1F:材料物性試験室 主担当者名内田 富士夫   
担当部署素形材プロセス開発部 先進プロセス・医工連携Gr 副担当者名